一般向け/高校生向け楽しい化け学
[208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198


昨日のニュートリノのかのニュース(『光速超えるニュートリノ 「タイムマシン可能に」 専門家ら驚き「検証を」』)にはただ驚くばかりの筆者です。

とりあえず色んな研究機関に検証してもらわないとどうしようもないですね。

筆者は化け学専攻なわけですが、素粒子物理も興味があるので(と言っても大衆向けの科学書籍で読んで満足くらいの理解度ですが。。。)、今回の発見は非常にテンションが上がりました。

ニュートリノ・・・筆者は「素粒子物理にも興味がある」と言うよりも、「原子」「分子」「素粒子」・・・っと小さい粒々が好きなだけの気もしますが(笑)


さて昨日バイト先に置いてあったアルコール消毒ジェルの成分表示を見るとこんな分子が入っていたのでちょっと紹介。

最近グリコールネタが多いですな。



今日の分子No.67 :1,3-ブチレングリコール CH3CH(OH)CH2CH2OH


ChemSketchで作図、Jmolで描画


系統名;1,3-ブタンジオール。

2価のアルコールであり、1,3-グリコールの一種。
(グリコールについてはこちらを参照:『今日の分子No.64 :プロピレングリコール』

無色透明の水溶性液体。

毒性は低く、皮膚に対しても刺激性は低いという。

保湿剤・溶媒として用いられ、多くの化粧品等に入っている。

「さらっとした保湿剤」であり、たとえば化粧水を作る際に配合されるらしい。

例えばこんな風に手作り化粧品の基材として売っているようです。

手作り化粧品用基材 1.3ブチレングリコール100ml

1,3-ブチレングリコール(1,3-BG) 500ml

他にも合成化学的には、他のグリコール類と同じくポリエステルの原料として用いられる。


1,3-ブタンジオールは工業的にはアセトアルデヒドから作られる。

具体的にはアセトアルデヒドCH3CHO二分子を水酸化ナトリウム塩基性条件下で縮合させ(アルドール縮合)、生じたアセトアルドールCH3CH(OH)CH2CHOをニッケル触媒下水素で還元して合成されます。



1,3-ブチレングリコールの工業的製法


◎ 参考

拍手

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
PR
Twitter-bot

Twitter @Chemis_twit (管理人)
Copyright 放課後化学講義室 All rights reserved



< カウンター since 2010/9/24 >