一般向け/高校生向け楽しい化け学
[104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94


げ・・・気づいたら日付が変わってる・・・

やっぱバイトしてたら1日が一瞬で飛び去るなぁ・・・


ところで、今日オキシライド乾電池が販売終了していたことを初めて知った。

オキシライド乾電池とはパナソニックが数年前に発売した強力なアルカリ乾電池である。

ニッケルを使った乾電池で、画期的な新発明品であった。

あの青色のグラデーションの入った乾電池は、こう、 近未来のような印象を与えるデザインであった。

発売当時、無駄に気に入った筆者はわざわざ高いオキシライドを買っていた記憶がある。

それが、もう売っていないらしい。

っと!ちょうど机の上に一本転がってた!!


使命を全うしたオキシライド乾電池
2011/2/21 筆者撮影

つい数日前まで、部屋の時計に使っていたのだ。

この乾電池は数年間休まず筆者の部屋の時計に電流を供給し続けた。

ちょうど切れたのだが・・・

本当にいったい何年頑張ってくれてたのか思い出せない。

使用期限が2011年までと書いてあるが、5年間ということになっているようなので買ったのは2006年か?

なんにせよ、よく頑張ってくれた。


オキシライドは電圧が高い(1.7V)ことが売りであり欠点であった。

オーディオプレーヤーに入れて、外国人の音楽家たちが「おー!」っというCMがやっていた気がする。

一方で電圧が高いと通常の電池の電圧(1.6V)を規格とした電子回路に損傷を与えうるという欠点があった。

そこで発売されたのがEVOLTA。

デザインはあまり変わらないが、電圧は通常の1.6Vでかつかなりの長寿命を実現したらしい。

知らぬ間に全てがコイツに置き換わってしまったらしい。


オキシライド・・・短い一生であった・・・

なんだか悲しくなってきた・・・

拍手

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
PR
Twitter-bot

Twitter @Chemis_twit (管理人)
Copyright 放課後化学講義室 All rights reserved



< カウンター since 2010/9/24 >