一般向け/高校生向け楽しい化け学
[106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96


先日注文していた甲種化学責任者の資格のテキストが届いた。

化学責任者の資格には甲・乙・丙の三段階あり、筆者は丙種化学責任者をすでに取得している。

丙種とかならまだ書店で参考書が売っているのだが、乙種や、ましてや甲種は難易度が高すぎて書店で売っていない。

だから高圧ガス保安協会の下請け販売所から講習テキストを直接購入。

買ったのは「高圧ガス保安技術」1)、「甲種化学・機械試験問題集」、「高圧ガス保安法令攻略のポイント」の三冊。

もちろんAmazonなんかじゃ買えません。

しめて12900円なり。

バイト代が右から左に流れていくぜ!!


喜び勇んでページをめくる。

すごい・・・全くわからない・・・

ぶっちゃけレベル高すぎです。

というのもこの試験、化学専攻の院卒の人が企業に就職してから受けるような試験で、難易度がヤバイ。

しかし物理化学としてはかなり良い内容なので、院試なんかとは結構かぶっているかもしれない。

一方、全く習ったことのない内容もちらほら。

爆発化学の範囲が面白い。

爆発のときのエネルギー保存の式をごちゃごちゃいじると、次式が求まる。


☆ 1)の本にはこんな感じの式が500ページほどに渡っていっぱい書いてます ☆

これの式から、vに対してpをプロットするとランキン-ウゴニオ曲線が得られるらしい。

なにその曲線・・・・全く知らないのだが・・・・

ちなみにまたエネルギー保存の式をごちゃごちゃいじると、爆速なんてのも求められるらしい。

なんだかとっても面白そうだ。

この本には色々な気体物質について用途や融点、沸点、毒性、その他物性がたくさん載っていて資料集としての価値も十分だ。
う~む、レポート作りにも役立ちそう。

なんてったって高圧ガス保安協会の出版物だから信頼性高いしね。


ちなみに試験にはこんな化学の他にも同じ様な難易度の材料力学・機械工学もある。

こっちがきついぞ・・・

もちろん法律もね・・・

拍手

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
PR
Twitter-bot

Twitter @Chemis_twit (管理人)
Copyright 放課後化学講義室 All rights reserved



< カウンター since 2010/9/24 >