一般向け/高校生向け楽しい化け学
[171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161


今日(→書いてる途中で日付が変わってしまった!)マクドナルドで昼食を摂ると、おまけでグラスをもらいました。

どうやら今コカ・コーラとタイアップして、コカ・コーラの350mL缶を象ったガラスのコップがおまけであるらしい。

で、箱の「材質」を見てみると「ソーダライムガラス」と書いてありました。


マクドナルドのおまけのコカコーラ缶グラス:材質にソーダライムガラスと書いてある。
2011/6/20筆者撮影


柑橘でサワーな、えらくおいしそうな名前であるが、残念ながらソーダライムガラスは食べられない。

ではソーダライムガラスとは何でしょうか。

実は、要するに高校化学で習うソーダガラスのことです。

高校化学の教科書を見ると、

「ソーダガラスとは普通のガラスで、ケイ砂・石灰石・炭酸ナトリウムの粉末を混合して、高温で融解して得られるガラス」

と書いています。

実は

炭酸ナトリウム:ソーダ

石灰石:ライム

に対応しています。

ナトリウムは英語でソディウムと言い、ナトリウム化合物のことをソーダと言います。

例えば炭酸ナトリウムは炭酸ソーダ、炭酸水素ナトリウムは重炭酸曹達(重曹)といいます。

一方、英語でライムは「石灰」を意味します。

「石灰」は割とざっくりした言葉で、酸化カルシウム(生石灰)も水酸化カルシウム(消石灰)も炭酸カルシウム(石灰石)、カルシウムそのものも「石灰」と言います。

ゆえに、要するにライムとはカルシウム分のことです。

だからソーダライムガラスとは、ナトリウムとカルシウム(の化合物)が入ったガラス、ということになります。

ちなみにナトリウムを入れるのはガラスの融点を下げるためで(純粋な二酸化ケイ素:石英は融点が高すぎて加工が難しい)、カルシウムを入れるのは化学的安定性を向上させるためです。

ガラスに添加するこれらアルカリ金属・アルカリ土類金属等の酸化物を「網目修飾酸化物」と言います。

他にカリガラス(カリウムが添加されたガラス)や鉛ガラス(鉛が添加されたガラス)、石英ガラス(純粋な二酸化ケイ素のガラス)も重要なのでチェックしておきましょう。


◎ 参考

拍手

ブログ内検索
PR
Twitter-bot

Twitter @Chemis_twit (管理人)
Copyright 放課後化学講義室 All rights reserved



< カウンター since 2010/9/24 >