一般向け/高校生向け楽しい化け学
[156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146


数日前、塾生が怪訝な目でこの物質の化学式を見ていました。

高校生にはあまりなじみがないようです。

単純な構造の分子なのですが。

教科書の後ろのほうに出てくる、化学史的には重要な物質なのです。


今日の分子 No.53 二硫化炭素 CS2


WinMOPACで計算・描画 ※空間充填モデル,見やすくするため原子サイズ変更。


構造式「S=C=S」。

二酸化炭素と同じ直線分子。

ちょうど二酸化炭素の酸素原子が、酸素と同族元素である硫黄と置き換わった分子である。

ただし二硫化炭素は分子量が大きいため液体である。

赤熱させた炭素に硫黄蒸気を反応させて合成する。


純度の高いものは無色でほとんど無臭の液体。
(通常は不純物などで不快臭を持つ)

揮発性・引火性である。

第四類危険物(引火性液体)特殊引火物に指定されている。

危険等級はⅠで、第四類危険物の中では最も危険な物質に分類されている。

発火点は90℃。

これは、火を着けなくても90℃になれば自然と発火してしまうことを意味する。
(参考;重油の発火点は約300℃)

また、引火点(火を近づけたら燃える最低の温度)は-30℃以下だとされる。

さらに爆発範囲は1.0~50.0体積%で、異常な広さ、下限値の低さである。

  ☆ 爆発範囲(別名:燃焼範囲)[単位:体積%];
   ある可燃性物質の蒸気が空気と混合しているとき、
   着火などのきっかけでその物質が爆発するときの濃度範囲。
   可燃性物質が薄すぎても爆発せず、濃すぎても酸素が少なくて爆発しない。
   爆発範囲が広かったり、下限値が低かったりすると爆発する危険性が高いと言える。

しかも二硫化炭素は燃えると有毒な二酸化硫黄を出す。

また、二硫化炭素自体きわめて有毒で、農薬(殺虫剤)にも用いられるという。

このように二硫化炭素は非常に危険な物質である。

しかし、二硫化炭素は水に溶けずかつ水よりも重いので、貯槽に水を張り二硫化炭素を沈めることで安全に貯蔵できる。


危険であるが、二硫化炭素はかなり重要な物質である。

二硫化炭素は優秀な溶媒で、多くの有機化合物を溶解し、さらに硫黄・ヨウ素・リン等も溶かす。

ゴム等、高分子化合物を溶かす性質も優秀である。

また、工業化学史最高に重要なもののひとつ、ビスコースレーヨンの製造に使われる。

これは高校の化学Ⅱでも習う。

綿(セルロース)を濃水酸化ナトリウムで処理したのち二硫化炭素に溶かす。
(コロイド溶液になる。これをビスコースと呼ぶ。)

ビスコースを細い穴から希硫酸中に押し出すと、セルロースが再生し綺麗な繊維になる。

こうして得られた繊維をビスコースレーヨンと言い、品質の低い綿を美しい絹状繊維に作り変えることのできる、画期的な技術である。

ちなみに、ビスコースを膜状に再生するとセロハンになり、こちらも言わずもがな生活に役立つ材料である。


ビスコースレーヨンができる詳細な経路は高校では習いません。

でも次回詳しく書こうと思うので、興味のある人はご覧ください。
→コチラです。


◎ 参考

拍手

ブログ内検索
PR
Twitter-bot

Twitter @Chemis_twit (管理人)
Copyright 放課後化学講義室 All rights reserved



< カウンター since 2010/9/24 >