一般向け/高校生向け楽しい化け学
[153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143


先日バイト先の塾の遠足があり、子供(主に小学生)たちと科学館に行ってきました。

筆者が小さな頃から慣れ親しんだ科学館です。

子供のころも、大人(まだ一人前ではないが)になっても、いったい何回通ったでしょう。

展示場は2階から4階までで、1階にはプラネタリウムもある結構大きな科学館です。


子供たちは体験系の展示物が好きです。
(化学コーナーは華麗にスルー(泣))

例えば、背が伸びたり縮んだりする鏡、グルグルハンドルを回して発電するやつ、フィギュアスケートのスピンのように回転する床・・・

子供たちはそれで遊んで、次の展示物に走っていくのですが・・・

しかし、それらは遊具ではないのです。

教材なのです。

その体験から何を学ぶのかが大切。

例えばその不思議な鏡はなぜ背丈が変わるのか。

鏡を見て「へぇ~」と言って走り去ろうとする子を引きとめ

筆者「ちょっと待て。さあ問題です。なんで背が伸びたり縮んだりするでしょうか?」

と聞くときょとんとするんですよ。

たぶんそんなこと全く考えていなかったからです。

鏡を近くで見て仕掛けを探しておいでと言うと、一生懸命鏡の裏とかを見るのですが、なかなか見つけられず、ギブアップ。

答えは定番の凹面鏡、凸面鏡のわけですが・・・

個人的には、別に仕掛けを見破れなくてもいいかなと思うんです。

ただ、自分から不思議に思って探って欲しいのですが・・・なかなか難しいですね。

まあ最初は周りの大人が援助してあげるべきなんでしょうが、あんまり考えろ考えろと言ったりヒントを挙げても、子供の成長にはあまり役立たないだろうからさじ加減が難しい。


ホント、それら展示物からは無限の学びの可能性があるのです。

ハンドル回して汗かいた → 電気を作るのは大変。大切にしなければ。

グルグル回る時ポーズによって回転スピードが変わる → 手足を伸ばして中心から端まで距離をとると遅くなる。

等など・・・

さあ、理科教育はいかにすべきなのだろうか。

子供たちが自ら不思議に思い探究心を持ち行動・思考してくれるような教育法を、筆者はなかなかまだ思いつくことができない。


プラネタリウムも面白かったです。

星座は興味ないんですが(だって神話とか、科学的じゃないし)、銀河モデルやブラックホールはかっこいい。

面白いことに、極大の宇宙の物理現象と、極小の量子の物理現象には、ある種の共通点があるのが不思議なところ。
(ただし全く同じでなく、決定的な差があるのも面白い。)

量子力学も結構好き(専門的なことはわからないが趣味的に)なので、ブラックホールとか暗黒物質とか聞くとテンションが上がります。

知っていますか?

実は宇宙の95%くらいの物質・エネルギーが暗黒物質・暗黒エネルギーと呼ばれるまだ解明されていないモノでできていて、我々が知っている水素やヘリウムは数%しか存在していないそうです。

まだまだ世の中は謎に包まれていて、面白いですよ!!

拍手

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
PR
Twitter-bot

Twitter @Chemis_twit (管理人)
Copyright 放課後化学講義室 All rights reserved



< カウンター since 2010/9/24 >