一般向け/高校生向け楽しい化け学
[82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72


イソプレンゴムについての特集のはずだったんだけど、ちょっと緊急で変更。

ついにこの本を買ってしまった・・・

出版年1951年、ちょうど60年前の本。

いわゆる古書、いままで手に入らなかった・・・

『化学者リービッヒ』田中実著(岩波新書)


『化学者リービッヒ』 2011/1/8筆者撮影


今まで探しても見つからなかったが、先日amazonで一冊だけ出品されているのを発見!!

大学や公共の図書館が連携した蔵書検索で検索しても、筆者の地域の近辺では某国立大学に一冊あるだけのようだった。

しかし今回たまたま発見、買っちゃた(笑)

超レアなのに3800円で手に入ったのはおいしい。

本の裏に定価280円って書いてたけどな!!(当時は物価も違うだろうが)


筆者は19世紀の化学者、リービッヒ教授が大好きである。

好きすぎて大学であだ名がリービッヒになってしまったほどだ。(恐れ多すぎてヤバイ)

リービッヒの子供時代がすばらしい。

学校(ギムナジウム)では常に学力は末席。

校長先生にじきじきにしかられたことも何度かあったらしい。

しかもクラス全員の前で。相当である。

そして先生は言う;「どんな大人になるつもりなんだ!」

少年リービッヒは即答する「化学者になる!!」

クラス・先生たちにどっと笑われる・・・

とても親近感のわく方だ。

そのうち筆者のリービッヒ研究をまとめてアップしようと思う。


で、昨日はまた自作の演習問題にミスがあったという報告を受け、修正しました。

もうね、連続しまくってて謝罪の言葉が出ないです・・・


◎ 参考

拍手

ブログ内検索
PR
Twitter-bot

Twitter @Chemis_twit (管理人)
Copyright 放課後化学講義室 All rights reserved



< カウンター since 2010/9/24 >