一般向け/高校生向け楽しい化け学
[43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [266]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34


「白衣の汚れ方には特徴的な分布がある。

ポケットの辺りにベルト状に分布するのだ―――」


筆者の高校の頃の化学の先生はそう言っていた。

初めは「ホンマかいな~」と思っていたが、筆者が実際に白衣を着て実験するようになると、本当にそうだった。


次の写真を見てもらいたい。筆者が実際に使っている白衣である。



筆者の白衣(2010/9/5撮影)


写真ではパッと見綺麗に見えるかもしれないが、実際は結構カラフルになってしまっている。

しかしその汚れが集中しているのは腰から股上、すなわちポケットの高さに横並びである。

もう少しわかりやすく見ると、一目瞭然。

下の写真で赤に囲っているところが他の箇所と比べてやたらと汚れが多い。



白衣のポケット周辺


なぜだろうか。何か理由があるはずである。

読者の皆様、一度椅子から立って、腰の辺りを見てください。

机のフチと自分のズボンのポケットが同じくらいの高さではないだろうか。

実はどうやらこれが原因らしいのだ。

こぼれたりして実験台のフチには薬品が付いていることが多い。

ここにちょうど同じ高さの白衣のポケットの辺りがすれて、白衣に薬品が付着する。

しかも筆者のようなずぼらな人間は、手が濡れたら「パンパンッ」っとフトモモの側面で拭いたりするのをご存知だろう。

いわゆる「服で拭かない!!」って怒られる行為である。

それを薬品が付いた手(洗ったつもりでも少しは付いている)で同じようにするから、さらにそのポケット辺りに汚れが付くのだ。

ということで、二重の効果でポケット辺りにベルト状に汚れが付くのだ。


ちなみに不揮発性の硫酸は、もともと希硫酸でも水だけ蒸発し濃硫酸になり実験台のフチに残り続けるという厄介な性質がある。

そのため白衣のポケットが焦げて穴が開くという現象が起こるらしい。(高校の先生談)

また、厄介なことに有機化合物などの薬品が付いたとき、大抵そのときは無色透明でわからない。

二三日たって見てみると大量のカラフルな点々が・・・!っということがある。

これは付着した有機物が空気中の酸素により酸化されて重合し色が付くかららしい。

皆さんも白衣を汚したくなかったら実験台にはあまりもたれかからず、かつ手で服で拭かないようにしましょう!


○ 白衣豆知識


ちなみに・・・・

普通はあまり日常生活でなじみがない白衣は、実はいろいろ機能的なデザインになっている。

例えば襟。

本来白衣は体を薬品から守るために出来ているので、普通に考えたら首までキッチリした服であるほうが良い。

しかし皆さんのイメージや写真のように、胸まで開いている。

実はこれ、白衣に付いた薬品に引火して燃え出したとき、襟をつかんで開いてずりおろせばボタンを外さずに脱げるようになっているためなのだ。

また、おそらく写真の白衣にはイメージと違う箇所があると思う。

例えば袖口。

なんだか絞りになっていてダサイ。

しかしこれはとても重要な構造なのだ。

お医者さんの白衣には絞りは付いていないが、化学者には必須。

もし袖口が絞られていなくて開いていると、そこにフラスコ等が引っかかってこかしてしまうことがある。

要するにオバちゃんが台所仕事するときに袖にゴムをつけてくくるのと一緒なのだ。

このように、白衣は化学実験しには必須のアイテムなのだ!



◎ 参考・出典


・ 筆者の高校の化学の先生のお話

・ 筆者の大学の化学の先生のお話

拍手

ブログ内検索
PR
Twitter-bot

Twitter @Chemis_twit (管理人)
Copyright 放課後化学講義室 All rights reserved



< カウンター since 2010/9/24 >