一般向け/高校生向け楽しい化け学
[119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109


今回の地震はツイッターが大活躍していますね。

筆者の友達もやっているので便乗して登録してみました。

一応今トップページの下のほうに貼っているのですが、レイアウト等はまだ考え中です。


友達のツイッターを見てみると、地震関連の下らないいたずらチェーンメールにブチキレたことがつぶやかれていました。

どんなチェンメが回っているのかとネットで調べてみたんですが、例えば

「石油コンビナートの火災が原因で化学薬品が含まれた雨が降ることが予想されます。傘やレインコートの使用をお願いします!」

等という内容のものらしいです。


まさに下らないデマである。

今日本中でどれだけの人が苦しんでいるか考えたらこんないたずら出来ないはずです。

で、これを批判しているブログを見つけました。

そこでは

「こんなメールをもらった人は冷静に考えましょう。化学薬品だからといってどうでしょう?一国の一企業の火災でそんな影響が出るのなら、どこぞの国ならどうなるのでしょう?」

的な言い方で批判していました。


う~む・・・

その人は正義感があって、本人なりに冷静に分析していることはわかるのですが・・・

一国の一企業の火災でそれほどの危険な影響が出ることは有り得ます。


1984年にインドのボパールで起きた化学工場の事故を例に挙げます。

管理不足が原因であり、地震が原因ではありませんが結果は同じようなことです。


<ボパール化学工場事故>(参考;『高圧ガス保安技術』高圧ガス保安協会著)

インドのボパール市の農薬工場から猛毒の中間体であるメチルイソシアナートCH3NCO(略称;MIC)が貯槽より漏出。

爆発は、タンクに流入した水とMICが反応して温度が上昇し暴走反応が起こったことが原因か。

風に乗り工場の南東市街40km2にわたって広がり、死者2.6千人以上、重傷者2.5万人、負傷者20万人以上の大惨事となった。


今回の地震で多数のコンビナート、化学工場で事故が起こりました。

中には有毒ガスの漏出で死者が出ているところもあるそうです。

化学工場の事故をなめてはいけない。

下らないチェーンメールに騙されることのないようにしなければならないが、
確かに自分たちが危険な状況にいる可能性があるということは理解しておかなければならない。

拍手

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
PR
Twitter-bot

Twitter @Chemis_twit (管理人)
Copyright 放課後化学講義室 All rights reserved



< カウンター since 2010/9/24 >