一般向け/高校生向け楽しい化け学
[117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107


地震がありました。

皆様大丈夫でしょうか?

うちは関西なので大丈夫でしたが、こっちも少し揺れました・・・


震度7、マグニチュード8.8(→9.0に修正されたようです。)
(記事を書いている現在時点での発表)

日本での観測史上最大の地震である。

阪神大震災のマグニチュードは7.3、つい数時間前まで観測史上最大だった関東大震災で7.9である。


「最大とマグニチュードが1くらいしか違わない。」

なんて思ってはいけない。

マグニチュードは地震のエネルギーを表す指標であり、対数で表される量である。

地震のエネルギー(J)をE、マグニチュードをMとすると、

log10E = 4.8 + 1.5M

と定義される。

したがってマグニチュードが1違うだけでエネルギーは約36倍にもなってしまうのだ。

今回の地震のエネルギーは、M=8.8とするとE = 1018 Jと計算される。
(→M=9.0ならE=2.0×1018J)

広島に投下された原爆のリトルボーイの爆発のエネルギーで5.5×1013Jだっというから、単にエネルギーで比較すると今回の地震は原爆の19000倍(→36000倍)のエネルギーだということだ。

恐るべし自然の力!


今回は石油コンビナートでの火災が目立っています。

千葉でのコンビナートの爆発の瞬間の映像を見たのですが・・・

恐ろしく大規模な爆発でした・・・・

今回は長周期地震だったので、大きな建造物であるコンビナートに被害があったようです。

油やガスが大規模に燃えているので消火は困難・・・というか、ほぼ不可能でしょう。

自然鎮火を待つしかありません。

が、こんなときに備えて、タンクから他の建物に炎が燃え移らないように距離がとられています。

また、法律で緊急時コンビナート地域では隣接するコンビナート会社同士が連携して防災しなければならないと決められています。

筆者は化学責任者の資格を取るときそういう法律や防災対策を勉強しましたが、いくら設備の技術を良くしてもなかなか天災には勝てないようですね・・・


液化ブタンガスの球形貯槽(いかにもコンビナートって感じの球形のガスタンク)が燃えている映像を見ました。

すると横の、燃えていないタンクの上端から白い煙が見えました。

隣で燃えているタンクの炎で熱せられ、中のガスの圧力が上がり天井から漏れ出したのでしょうか。

そうだとするとガスが外に出て高圧から解放され常圧に戻るとき周りの熱を奪い、そのとき空気が冷やされて凝結した水滴の煙だったんでしょうかね。


今なお被災され閉じ込められたりしている方の無事をお祈りいたします。

拍手

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
PR
Twitter-bot

Twitter @Chemis_twit (管理人)
Copyright 放課後化学講義室 All rights reserved



< カウンター since 2010/9/24 >